【青森】朝の龍飛編

 

これは2013年5月の出来事だ。

 


風がビュンビュン吹いて建物をミシミシ言わせるもんで、なかなか眠れなかったんだが、気が付いたら眠っていた。

 

ちなみにここの民宿は朝飯も晩飯同様、一家団らんで食うことになっている。
よって朝飯の時間になると寝ていても叩き起こされることになっている。

 

俺も例にもれず、叩き起こされた。

 

眠い目をこすりながら飯を食う所定の位置に向かって、階段を降りて行ったのだが、俺の噂話をしているのが聞こえた。

 

“あの人は東京から自転車で来たから相当疲れてるのよ。もっと寝かしてあげたほうがいいんじゃない?”

 

“そうだな。一日中寝てるかもな?なんせ東京から自転車で来たんだから”

 

ああ・・・・。

 

「東京から新幹線に自転車を積んで新青森駅まで来て、その後実家に泊まって、青森駅から電車に自転車を積んで、津軽線に乗り、津軽二股駅からここまで 20kmほど自転車をこいできました!!体に負担をかけない軽い運動ってヤツです!!!」

 

って声を大にして言いたかったんだが、、たぶん言ったと ころでムダだ。。聞いちゃくれないだろう。。もうこの際徹底的にエンターテイメントを提供してやろうと思って、わざと全身筋肉痛のフリしてやったぜ、、笑。

 

で、朝飯なんだが、やはり豪華だ。笑

 

やけに分厚いベーコン数枚&卵3つのゴージャス目玉焼きとか、名前はわからんがヤケにデカい焼き魚とか、これ、、、普通に食ったら最低でも1,500円くらいしちまうんじゃないか?!

 

またもや俺はおばちゃんに聞いてみた。

 

「随分豪華ですね?!」

 

例のごとくちょっとおまけしてくれたらしい。ちょっとな・・・笑。

 

本当大丈夫か?赤字になってないか??まあ、おまけしてくれるのはありがたい話だがな。

 

さて、飯を食って色々と用意をして、朝8時くらいに精算をして早々宿を出た。龍飛の展望台や観光場所は山の上にあって、この宿からだと階段を登って山を登ることになるんだ。

 

なので、宿にBromton自転車は預かってもらうことにした。

 

さて、出発だ!

 

IMG_1303

 

早朝の龍飛の漁港だ。

 

きれいだな?この山の上に登るんだ。ちょっと急だが、階段があるらしい。

 

IMG_1305

 

あった!!

 

ってすげぇな?国道のくせに階段しかないって・・・笑

 

で、この階段がやったら長いんだよ。もう汗だくになるんだよ。「東京から自転車で青森まで行く」レベルでキツいんだよ、、笑。

 

休み休み、登って行った。途中見える、山から下の海を見下ろすとすばらしい景色が見えるんだ。

 

IMG_1306

 

もうさ、この朝日、最高だったぜ!ちょっと風強いが、なんか自分自身が新しくなっていくような感覚だ。

 

朝日の中、汗だくでどんどん登って行く。

 

旅はまだまだ続くぜ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。