【青森】五能線リゾート電車編

 

これは2013年5月の出来事だ。

 

—–
朝早く起きた。

 

このままこの素敵な城下町を観光しながら過ごしてもいいんだが、弘前ってのはさ、何かやっぱり都市なんだよね。

 

それなりに人も混んでるし便利な店が立ち並んでる。

 

ただ何って言っていいかわからないんだが、今回の気分で俺が求めてるものって、もっと自然がいっぱいなところなんだよな。

 

というわけで、五能線に乗って青森県の西海岸に行くことにした。

 

弘前駅からただ電車に乗るのも味気ないので、少し先にある川部駅まで自転車で行くことにした。

 

この辺りのりんご畑は恐ろしいほどキレイなんだ。残念ながらりんごの実がある季節ではなかったが、それでも広大なりんご畑は素晴らしかった。感動する。

 

IMG_1332

Bromptonチャリをたたんで、記念撮影だ。

 

朝の爽やかな晴れた空の下、チャリをこいで、順調にちょっと道を間違えたりしながら川部駅についた。

 

IMG_1334

切符をどこまで買おうかと思っていたら、五能線フリーパスなる切符があるんだ。2日間この五能線を乗り放題。どこで乗って降りてもいいんだ。しかも500円くらいだったかを足せば、リゾート電車も乗れる!

 

こいつは便利だ。

 

さっそく俺はそのフリーパスを買って、リゾート電車に乗り込んだ。

 

この電車はりんご畑の中を突っ切って行くんだ。

 

「リゾート白神」って名前の観光客専用の電車なもんだから、展望席があったり、BGMで津軽三味線がガンガンかかって(しかもライブらしい)、電車はりんご畑から田園地帯、西海岸の海と爆走していく。

 

どうだい?中々すげぇもんだろ?津軽平野をつっきる時に聞く音楽としては最高の贅沢だと思うぞ!

 

まあ難点があるとすれば、もし気分が全く津軽三味線じゃない気分だった時だな・・・?

 

何となく、Bjorkとか、坂本龍一とか、Brian Enoとか、アンビエント感あふるる音楽を聞きながら、ちょっと耽美な私を演出したい場合、このドライブ感あふるる津軽三味線が全てのそんな気分をぶち壊してくれるぞ、笑

 

さて、電車は田園地帯を突っ切って西海岸の海に出た。

 

日本海の海がたまらなく綺麗だな。

 

IMG_1342

この辺は千畳敷海岸といって、昔々の将軍の「津軽為信」って野郎が、その景色の美しさに驚いて、千畳の畳を敷いて大宴会をしていた場所らしい。(ガイドブックほぼ丸読み)笑

 

IMG_1351

この岩場とかもたまらないほど綺麗だな?

 

IMG_1346

しかしさ、おっそろしくなるほど電車が海際を走るんだよな・・?波が高い日とか、乗ってる人、気が気じゃないだろうな?!?!

 

さらにこの電車、絶景エリアにいくと、わざと気を利かせてスピードを落として運転する、という粋な計らいをしてくれるんだ。これも波の高い日の場合、気が気じゃないな??笑

 

IMG_1348

さて、日本海の素敵な景色を堪能してたら、あっという間に目的地の十二湖駅についちまった。

 

まだまだ旅は続くぜ!

 

[交通費]
電車: 五能線フリーパス3,700円(JR五能線:2日間乗り放題)
リゾート電車券:500円くらい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。