【青森】旅の出発編

 

これは2013年5月の出来事だ。

 

—–

青森に着いて2日目、俺は旅に出る事にした。行き先は津軽半島の東海岸沿いに竜飛岬(最北端)を目指そう!太宰治が「津軽」って小説で行ったコースだな?

 

野郎は歩いて行ったようだが、今は時代が違う。俺はスマートにチャリで行く。

 

といっても例のごとく二日酔いのため出るのは午後近くなってしまっていた。

 

こういった場合、まず腹ごしらえが必要だ。

 

IMG_1276

ここの蕎麦屋さんは青森市のメインストリート、「新町ストリート」の1、2本ずれて並行して走る道沿いにあるんだ。昔っからある蕎麦屋さんだ。非常に懐かしい。

 

で、ここの蕎麦なんだが、食うと毎回思うんだが「たいして美味くないけどすごく美味い」んだよ、笑。

 

おそらくここで食ったことが何度かある人にこの感想は多いんじゃないか?もう一度言うが、ここは「たいして美味くないけどすごく美味い」んだよ。

 

なんなんだろうな?店の雰囲気か?「津軽そば」という名物感がそう思わせるのか?とにかく、たまに無性に食いたくなって、ここのことを夢に見たりする。

 

さて、腹ごしらえもしたし、出発だ!

 

まずはすぐ近くの青森駅まで行って、津軽線の蟹田行き電車にBromptonの自転車を乗せて出発した。

 

青森駅を出ると、次は油川駅に止まる。そう!酒好きの人ならピンときたかも知れないが「西田酒造」のある街だ。

 

 

すまん、、、どうでもいい動画を載せちまったな・・・?

 

さて、この田酒タウンを過ぎて、少しの間広がる田園風景をこえると、いきなり海沿いに出るんだ。走ってる電車から写真とるのってちょっと難しかくて取れなかったんだが、海沿いを走る電車って気もちいいな??

 

これ、もし真冬の津軽だったら、なおいっそう素敵な風景だったかも知れない。

 

ほどなく乗っていると蟹田駅についた。ここからさらに三厩行きの電車に乗り換えるんだが、この先の電車から、急に悲しいくらいボロボロの電車に変わるんだよ。。

 

なんっつうかこのぉ、、「そろそろお遊びは終わりだぞ・・・」ってJRに言われてる気分になる。電車も1両になるし、シートもボックスシート形式(?)になり、よりいっそう田舎の電車風になるんだよ。

 

IMG_1278

 

まだまだ旅は続くぜ!(^_−)−☆

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。