【青森】ラグビー編

 

これは2013年5月の出来事だ。

 

—–

青森市に帰って来た。

 

龍飛も青池も最高だった。

 

心残りがあるとすれば、弘前市の津軽そばやに行けなかったことくらいだな。

 

さて、俺が帰省するということで、高校時代のラグビー部の友人が飲み会を開いてくれるとのことだった。嬉しいもんだね。

 

飲み会に出席したら、たくさんの懐かしい面々と再会することが出来てもの凄く楽しかった。

 

当時、ちょっとおっかなかった2つ学年上の先輩が、もの凄く人のいい優しいおじさんになったりしていた。

 

その飲み会にいた人たちの中には、今でも仕事の合間をぬって、コーチとして現役生を指導している人も多かった。

 

そこでこんな話が出たんだ。

 

明日練習があるんだが、お前も運動がてら現役生を指導しにこないか?

 

まず、着ていくものも靴もないし、ちょっと無理かな、と思ったのだが、着るものも履くものもそこにいた人の一人が貸してくれるそうだ。

 

(ちょっと面白そうだし、行ってみようかな・・・?)

 

ちなみに俺は高校時代は11番ウィングというポジションだった。とにかくスピードが必要とされるポジションだ。

 

当時はチーム一の俊足を誇り、ダッシュ力には自信があった。口では何とでも言えるが、笑。

 

(よし、ここは一つ現役生を指導しに行こうか・・)

 

翌朝、俺は少し二日酔いだったのだが、自転車で自分の通っていた高校に向かった。

 

IMG_1397

 

着いたらもう練習は始まっていた。

 

「レギュラー vs OB&新入生」で試合形式で、練習をしていた。

 

ちなみに前の日の夜は雨がふっていたので、グラウンドはこんな愉快な状態になってる。

 

IMG_1393

ふと見たら、俺が高校生の頃、鬼コーチのように恐ろしかった当時大学生だった人が監督の先生になっていた。

 

他にも、その人の代のやはり鬼コーチのような人も来ていた。

 

(やばいぞ・・・本当にやばいぞ・・・また当時のようにこってり絞られるぞ・・)

 

と思ってビビってたのだが、鬼コーチたちはびっくりするほど優しい人になっていた。

 

おそらく昨今は体罰とかが色々と問題になっているから、そういう指導方針に変えたんだろうな。

 

ではでは、練習に参加だ!

 

俺は、OB&新入生チームに加わり、当時のようにウィングのポジションに行こうとしたんだが、そこで言われたんだ。

 

「あっ、お前こっち!」

 

フォワード(スクラムを組んだりするパワーが必要なポジション)の方に回された。

 

おそらく20年かけて出来上がった俺の体型の激変ぶりを見て、フォワードの方がよしとしたんだろうな。

 

しかし、ラグビーってのはポジションが違うと動きが全く違ってくるんだよね。サッカーよりもずっとポジションの流用生が低いものだと思う。

 

ちなみに俺はフォワードでプレイしたことは一回もない。。よって動き方がまるでわからん・・笑

 

(まあいいか、何とかなるだろう。)

 

さて、俺にボールが回ってきた!!

 

俺は走った!華麗に俊足をいかし、ステップで相手を2、3人かわして、、、、のつもりだったんだが、、、足はもつれて、さらに気持ちはダッシュしてるんだが、体が全くついてこず、、、即倒された。。。

 

(ああ、、、かっこ悪いぜ・・・)

 

さらに、足つりやがって、、、もう、、、あかん!!

 

現役生に「ちゃんと準備運動したほうがいいですよー。」とまで言われちまった。。

 

練習に参加する前の「指導する」はどこへやら、、指導されにいったようなもんだな・・・?笑

 

IMG_1395

 

練習後の風景だ。

 

まあ、楽しかったぜ!激しい衰えは感じたけど。

 

IMG_1396

 

ちょっとわかりづらいが、まあ泥だらけだ。

 

その後は、往年の元鬼コーチたちや、以前はおっかなかった今は優しい諸先輩方とスーパー銭湯でいい汗流したぜい!

 

楽しかった!けど一つわかったことは、アラフォーのおっさんがいきなりひょこっと行っても、到底走れるもんじゃない、というのがラグビーというスポーツだ、笑。

 

これにて青森編は終わりだ!これからは房総編になります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。