PILが2018/7月に来日するらしい

PILが2018年7月に来日するらしい。

 

PILとは、元セックス・ピストルズのボーカリストのジョン・ライドンがピストルズを脱退後に組んだバンドだ。

 

大丈夫か?ピストルズの再結成の時も酸素ボンベを吸いながら何とかステージに立っていたような・・・笑。

 

もう80歳くらいだろ?パンキッシュな思想や生き方はできてもステージアクションは無理だろ?と思って年齢を調べたら62歳だった・・・笑

 

どっちみち「まだまだ中指追ってて生きていく年齢」じゃないな。

 

動画は、2015年にリリースされた曲「Double Trouble」。今でもしっかり活動している。

 

僕もこんなじじぃになりたいもんだ(^_−)−☆

 


小川のせせらぎのような綺麗な引き語り。リサ・ハニガン

小川のせせらぎのような透き通った引き語り。

 

彼女はリサ・ハニガン。

 

アイルランドの首都ダブリンから北西の街キルクルーン出身だ。

 

ちなみにこの曲「Little Bird」が収録されているアルバム「Passenger」(2011年発売)はアイリッシュチャート1位も獲得している。

 

この爪弾くアルペジオが彩る小川のせせらぎのような透明感は本当心が洗われるようだな。

 

ちなみにアイルランドという国は首都のダブリンは都会だけど、ちょっと街を離れるとすごくのどかで時間がゆっくり流れているかのような古き良きヨーロッパの田園地帯のような場所にすぐ出会える。

 

素朴な音楽が似合う風景に出会えるのだ。

 

せかせかした都会に戻るのがイヤになるよ(^_−)−☆


From The JAM!! JAMが蘇ってる

すげえ!JAMが蘇ってる!!

このバンドはFrom The JAMって言って、JAMのベーシストだったブルース・フォクストンが率いるバンドだ。ポール・ウェラーはいない。

 

ボーカル&ギターはラッセル・ヘイスティングスという方で、ポール・ウェラーと親戚とかそういうんじゃないと思うんだが。

 

しかし若い頃のポール・ウェラーにそっくりだな?声も佇まいも!あとギターの音の感じも!ザ・リッケンサウンド!

 

ボーカルがメンバー交代しちゃったバンドってイマイチ聞く気がしないことが多いのだが、このFrom The JAMはむしろ聞きたい!!

 

来週来日するんだよなー。当日券買って行こうか迷い中。

 


ゲンガー。イギリスで今一番勢いのあるインディーロックバンド

これはかっこいい!!

 

ゲンガー。北ロンドン出身の4人組インディーロックバンドだ。

 

いまイギリスでもっとも勢いのある若手インディー・ロック・バンドらしい。

 

2ndアルバム「Where Wildness Grows」」が今日3/9にリリースされた。

 

早速聞いてみたのだが、綺麗なファルセットが印象的で浮遊感のあるボーカルと繊細なギターアレンジの絡みが最高なんだよ。

 

この感じはエコー&バニーメンとかキュアーとかにも近い感じだね。

 

何か涼しくて透明な感じなんだけど、時折見せる遠くで響いてるようなギターの轟音も気持ちいい。

 

これは近々で最もオラの心にヒットしたバンドかも。きっと将来はUKを代表するようなバンドになっちゃうかもね。

 


ウルフ・アリスのカバーがかっこいい!

ウルフ・アリスがチャーリーXCXの「Boys」とキュアーの「Boy’s Don’t Cry」をカバーってか、マッシュアッップっていうのか?

 

YouTubeで見たのだが、ライブ映像がカッコよすぎる!

 

元々このバンドのゆらっとした雰囲気、大好きだったんだよな。